ビープレス(BE PRESS)を購入前に要チェック!※サイズ展開について

ビープレス サイズ

 

薄着になってくると、洋服もだんだん肌が露出する面積が、広がってきて、自分の体のラインが気になってきませんか?私も、薄着になってくると、肌の見える面積が、増えてくるのが、毎年毎年嫌で嫌で仕方がないんです(笑)。

 

なので、簡単に痩せる、というか、体のラインが簡単に変わるものがないかな〜?と、色々なものを試してみたのですが、どれもイマイチ効果を感じられなかったんです。

 

その時に、最近ネットで話題になっている、ビープレス(BE PRESS)という商品を見つけたんですが、そのビープレス(BE PRESS)は着ているだけで、体のラインが変わってくるって、口コミや評判が上がっている、商品なんですが、そのビープレス(BE PRESS)の、サイズはたくさんあるのでしょうか?私は、太っているので、かなり大きなサイズでないと、入らないような気がするのですが、一体どうなんでしょうか?

 

気になってので、ビープレス(BE PRESS)のサイズ展開などについて、少し見てみたいと思います。

 

たくさんのサイズ展開があれば、サイズを変えたいときにでも、困らないですもんね。

 

ちょっと見てみたいと思うので、気になった方は見てみてください。

 

ビープレス(BE PRESS)の、サイズ展開ってたくさんある?

 

見てみた結果、ビープレス(BE PRESS)のサイズ展開は、SサイズとMサイズの、2種類しかないようなんです。

 

ウエスト55、60cmで、バストトップ70、75、80cmの方、ウエスト65cmでバストトップ70、75cmの方たちはSサイズ、ウエスト55、60、65、70、75cmで、バストトップ90cmまでの方は、Mサイズでいいようなんです。

 

と見てみたように、サイズ展開は、S・Mの2サイズの展開のようなんです。ビープレス(BE PRESS)の加圧感を感じてほしいようで、締め付け感が出るように、1つ下のサイズを選んでほしいと、言うことのようなんです。

 

着ているうちに、締め付け感がゆるく感じてくることも、あるようなので、その時は同じサイズで新調するか、それとも1つ下のサイズを試してほしいそうです。

 

このように、サイズ展開はされていて、「私、Lサイズなんだけど、どうしたらいい?」って、思われた方は、大丈夫です!

 

1つ下のサイズの、Mサイズを着てみることで、加圧がかかっているので、しっかりと体をホールドしてくれて、美しいシルエットを、作り出してくれるようなんです。

 

ビープレス(BE PRESS)は、強い加圧がかかっているんですが、伸縮性の高い繊維を使っているので、「1つ下のサイズで、大丈夫?」って思われる方でも、大丈夫なようです。

 

 

ビープレス(BE PRESS)の、サイズ展開ってたくさんある?のまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

ビープレス(BE PRESS)のサイズ展開は、S・Mサイズの2展開のようなんです。それでも伸縮性がある、繊維を使っているので、いつも自分が着ているサイズの、1つ下のサイズを着用しても、大丈夫なようなんです。

 

とここまで書いてみたのですが、まだビープレス(BE PRESS)のことを知りたい!って方は、一度ビープレス(BE PRESS)の、公式サイトをのぞいてみてください。

 

たくさんの情報が載っているので、見ているだけで、楽しいと思います。

 

>>ビープレス(BE PRESS)の詳細はこちら